健康的に生活するには

男性

費用やそのルールを理解しておこう

会社で忙しく働いていたり、学生生活でも嫌なことがあったりするとうつ病になってしまうことがあります。最近は、不景気の影響で将来に希望を見いだすことができない若者達が鬱病に発展する可能性が増えてきています。自分はうつ病になるはずがないと考えていても、気がついたらうつ病になっていることもあります。うつ病といっても、軽いものならばそこまで生活に支障をきたしません。会社に行きたくない日が数日続いているならば、病院に行くほどではないかもしれません。ところが、うつ病がひどくなり生活自体が苦しくなってきた場合には無理して会社などに行く必要はないでしょう。もし、会社を何日も休んでしまうようならば障害年金を申請してみても良いかもしれません。うつ病障害年金を申請する場合にかかる費用ですが、1番安くても数千円になります。これは、病院に行き治療を受けてしかも診断書を書いてもらう時にかかる費用です。それ以外にも必要書類はありますが、それほどお金がかかるわけではありません。このように述べると、簡単にうつ病障害年金を受け取ることができるのではないかと考えるかもしれません。ですが実際には、そう簡単に申請が降りないことがほとんどになります。では、どのようにして申請をしたら良いかと言えば多くの場合専門的な知識を持っている弁護士や社労士などに任せることになります。ある程度何回も受理された経験がある専門家たちならばどのような内容の書類を作成すればよいかが明確に分かっているはずです。この場合には、20万円位かかる可能性があるため注意が必要です。

うつ病障害年金をもらうためには、その基本的なルールを知っておく必要があります。まず、うつ病が原因で会社に休んでいることがうつ病障害年金をもらうための絶対的な条件になります。ただ、勤務することが不能な必要はありません。この点に関しては、よく傷病手当金を申請する場面と混ざってしまっている人もいますが、障害年金の場合は勤務ができない状態まで追い込まれている必要はありません。そのため、会社に行ける時などがたまにあったとしても、それだけで申請が降りないとは限りません。実際そのような状態で受理されたこともあります。あとは、それぞれの等級をよく理解しておくことが重要になるでしょう。障害年金にも3種類の等級があります。1番程度がひどいのは1級です。これは、介護が必要な状態であることが条件になるためなかなか普通をもらうことができないでしょう。少なくとも、介護が必要な状態になっているとすれば、本人が障害年金を申請することができないかもしれません。いずれにしても、家族の力が必要になるところです。次に、2級の場合には、介護までは必要ないものの介護をするに匹敵する位の状態であることが必要です。そのため、軽度のうつ病等で障害年金を申請したとしてもまずうまくいきません。3級に関しては、それ以外の等級よりも軽いものの、かなり重度な状態であることが重要です。この辺は、診断書の内容を見て判断するため診断書がどのように書かれているかが重要になります。そのため、病院選びは十分に行うことが必要です。

Copyright© 2019 障害年金が注目されている理由と利用する目的を理解しよう All Rights Reserved.